私のはまった手芸、ビーズアクセサリー

若い頃は手芸が大好きでした 私は小さい頃から手芸が趣味です。細かい作業が好きで、外に出るよりも家にこもって何かを作り上げることに夢中でした。小学校に上がる前には叔母に編み物を教えてもらい、簡単なマフラーを手編みしていました。そんな私が40才を過ぎてはまったのがビーズアクセサリーです。きっかけは娘の中学のPTA向けの講座でした。参加費が材料込みで1000円と非常に安く、しかも会場が娘の中学校の教室とあって気軽に参加することができたのです。以前からビーズアクセサリーには興味を持っていたものの始めるきっかけが見つからず、この講座はまさに私にうってつけだったのです。

やはり手ほどきは専門の方に教えていただくとコツがわかって大変スムーズに進むことができます。わからない点もすぐに質問して解決することができるからです。この講座をきっかけに、以後はビーズアクセサリーの本を買って独学で作品作りをするようになりました。ビーズアクセサリーの魅力は何といってもさまざまな種類のビーズを組み合わせていろいろな作品を作り上げられることです。同じモチーフでも違うビーズを使うとまったく違った印象に仕上がります。これからも手芸全般はもちろんビーズアクセサリー作りを楽しんでいきたいと思っています。

Copyright (C)2018若い頃は手芸が大好きでした.All rights reserved.