手芸が上手くなるためのポイント

若い頃は手芸が大好きでした 手芸と言えば、手先が器用な人の趣味と思われるかもしれません。しかし、やってみると案外簡単だったと言うこともあるでしょう。興味はあるけれども、上手に作る自信がない、という方は、ぜひ簡単なものからチャレンジしてみることをお勧めします。

裁縫ならば、簡単な袋物から始めるといいでしょう。始めは一枚仕立ての巾着、慣れてきたら裏布をつけたり縫い代の処理をしてみるといいですね。徐々にファスナーをつけたり、ポケットを組み合わせていくといいですね。小さなものでも、完成した時の達成感はひとしおです。中でもお勧めなのは、小さめのテディベアです。小さいので一つ一つの作業はすぐ終わるのですが、様々な縫い方が組み合わさっているのでレベルアップが実感しやすい一点です。

また、上手くいかなくても何度も作ってみることも大切です。一回目は上手くいかなかったポイントも、二回目からは改善していくことが出来るでしょう。徐々に上手くなっていくにつれ、自信も付いてきます。また、様々な作品を作っていくことで、応用が利くようになります。規定の作り方だけではなくアレンジを加えたり、何もない状態から作品を作ることも出来るようになります。苦手意識を持たず、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C)2018若い頃は手芸が大好きでした.All rights reserved.