フェルトで手芸してアップリケ作り。

若い頃は手芸が大好きでした ズボンのヒザ小僧あたりの生地は、一番薄くなってくるのが早いですので、すりむいたり、完全に穴が開いたりしまわないうちに、早い目にフェルトなどの手芸を施すなどして、アップリケを作って縫い付けておきます。このとき、まず一番にするのが、デザインを考えるところからだったりします。場所は、ヒザ小僧の部分ですので、花柄などといった感じに仕上げていきます。やり方は、簡単です。好きな花形を紙に書いて、厚紙に貼り付けてから切り抜きまして、それを型紙にします。それをフェルトの上におき、鉛筆など色の出るものでかたどって、印をつけてから切り抜いて、細かい刺繍などしてみたいときもありますので、それは、そのあとにやっていきます。刺繍もフェルトの色に合わせてするときれいです。

フェルトに、ぴったりのカラーの刺繍でうまくステッチなどしていったら、これで、だいぶん形が出来上がってきます。そのあと、フェルトの縁に沿って、ズボンの縫い付けたいところに縫い付けていきます。出来上がったら、実際にはいてみたりして、どのくらいの位置にあるのか、確かめることも出来ます。先に、はいてから、縫い付けたいところに印をしておく方法もありますし、どちらでも、好きな順番でいいと想います。

Copyright (C)2018若い頃は手芸が大好きでした.All rights reserved.