若い頃は手芸が大好きでした

若い頃は手芸が大好きでした 私が子育て中の若い頃は、時間に結構余裕があり、暇を見つけては手芸を楽しんでいた。どんな手芸かというと、毛糸を使った材料で、全て子供用のセーター、カーディガン、パンタロン等。毛糸以外では、白いレース糸を使ったテーブルクロスやコースター等をせっせと編んでいた。

やがて子供たちが大きくなるにつれ、手作りの物は時間ばかりかかり、思いの他価値がないように思い、だんだん編むのが遠のいていった。それに市販されている子供服はかわいらしく、安く出来るのでいつの間にか手芸のことは私の頭からすっかり消えてしまったのである。

しかし今になると、こつこつと編みあげた品々が懐かしく、もう一度編んでみたい気持ちに駆られることがある。近所のお嬢さんはお母さんが作ってくれたという手編みのセーターを着て私の前に現れた時「なんて素敵なんでしょう」と手編みの美しさに魅せられました。そのお嬢さんは一人っ子で、お母さんの手作りのセーターを何枚も持っていました。手編みの贅沢な気分に酔いしれる思いでした。そんな時「ああ!私も娘たちに手作りの物を着せてあげたかった」とつくづく思いました。私が娘に作ってあげたのは、まだ娘がもの心つく前のことでしたから。

Copyright (C)2016若い頃は手芸が大好きでした.All rights reserved.